間違えてない?マスク着用時の注意ポイント3つ!

こんにちは。

ヴォイトレ・マスター®︎メソッド公認Level.3ヴォーカルコーチの良侑(RYO)です。

さて、今回はマスクをすることが多くなったこのご時世に、注意すべきポイントを3つ

お書きしますね。

マスク着用時の3つの注意ポイント

マスクを着用して発声すると…

下記の発声デメリットが生じます。

マスク着用時の発声デメリット

  • ①舌全体を後ろに引く。
  • ②顎、口の動きが硬くなる。
  • ③声量を無理に出そうとする。

そこで、それぞれのデメリットの回避方法がこちら!

目安なので、一旦鏡で確認してやると良いでしょう!意外とマスク着用してると舌は後ろ気味になります。

マスクがあると自然とマスクがカバーしてる範囲で動かそうとしてしまうので、

いつもより顎の動きが小さくなりがちです。

マスクをしてると声がこもるので、自分の耳でもいつもより声量が小さく聴こえてしまいます。

だから、片耳を押さえて自分の声が聴こえやすい状態をつくりましょう!

他にもご質問ある方は気軽にDMお待ちしております。

では、今日はこの辺で失礼致します。

<引用:ヴォイトレ・マスター®︎公式インスタ

ボイストレーナー 良侑(RYO) 
〝声〟のクリニックとして、Vocal & Voice Studio 奏榮(SOUEI)を開設 
YouTubeチャンネル▶︎『Music Academy Of Strange Lab』運営 
ヴォイトレ・マスター®公式Twitter,インスタ