ライバー必見!配信アプリ7選徹底比較!

昨今、生配信アプリどんどん増えてきましたね。これから生配信自分も始めてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、様々な生配信アプリについてまとめてみました。どの配信アプリから始めようか悩んでいる場合、是非参考にしてみてください。

①そもそも配信アプリとは?

ライブ配信アプリとは、ライバーが主にスマホで生配信を行い、視聴者たちがそれを見ることができるサービスです。視聴者はライバーに対していいねやコメントだけでなく、有料のアイテムを送ることができ、これが、ライバーの収入になります。配信や視聴がスマホでできる手軽さもあって、人気を集めています。「ライブ配信アプリ」は、アプリによってサービスや仕組み、ユーザー層がそれぞれ異なるので、今回は、それぞれの配信アプリの特徴をまとめていきます。

②配信アプリは、どんなのがあるの?


今回は、代表的な配信アプリを7個Pick upして紹介していきます。同じ配信アプリでも、それぞれサービスの違いやユーザーの特徴があるので、自分に一番合う配信アプリでの配信をしてみてください。

・Pococha(ポコチャ)


どこか素人感があふれる日常的な近さを感じるライブ配信アプリのポコチャです。ポコチャは、気軽さが売りになっていて、「暇つぶし」に集まるユーザーが多いのも特徴になります。ポコチャは、SNSアカウントからの連携登録ができるため、利用開始するのに手間がかかりません。手間がかからないことが特徴になるポコチャは、日常のスキマ時間を楽しむライブ配信アプリになります。

また、ポコチャは比較的後発の生放送アプリ。まだまだ有名な配信者が少ないライブ配信環境なので、配信素人でも工夫次第で注目が高まりやすいです。配信して稼ぐならポコチャはベストなライブ配信アプリです。頑張り次第では、月に5~10万稼ぐライバーも珍しくなく、トップライバーになると月収は数十万から200万になることもあります。

これから配信で稼ぎたいという方こそ、ポコチャで今のうちから配信を始めるのがおすすめ。

・17LIVE(イチナナ)


テレビCMなどでも見かける機会が多く、ユーザー数4,500万人を突破した台湾発の大人気アプリ「17LIVE(イチナナ)」。ライブ配信アプリサービスの先駆け!初見でも安心して生放送を楽しめます。約17,000人以上のライバーが活躍中で、一般から芸能人まで利用されています。台湾や韓国の美人、イケメンもたくさん配信しており、平日や昼間でも配信している人が多いので、いつでも配信が楽しめます。ユーザーは若者を中心に10~60代までと年齢層が幅広く、日本人だけではなく海外ユーザーが多いのも特徴です。


・LINE LIVE(ラインライブ)

ダウンロード数500万超えの「LINE LIVE」は、その名のとおり「LINE」が運営する配信アプリ。ユーザーは10~20代の女性が中心で、LINEの延長として利用している人も多いため、コメントが届きやすいのが特徴です。また、頑張ったライバーを表彰したり、より配信者が稼げるようなキャンペーンを開催したりしてくれているので、配信者が十分に増えてしまう前に、そういったチャンスをうまく掴めば、チャンスは、あります。月100万も稼ぐ配信者も出てきています。


・BIIGO LIVE(ビゴライブ)

シンガポールで生まれたライブ配信サービスで、ユーザー数が全世界に2億人以上いるグローバルな生配信アプリです。世界150ヶ国と地域でサービスを展開していて海外ユーザーの配信も楽しめるので、語学勉強にも国際交流にもなり、日本にいながら異文化体験ができます。最近では、赤西仁さんと錦戸亮さんのスペシャルライブがきっかけで、注目度も上昇中の配信アプリです。そして、BIGO LIVEのもう一つの魅力が「稼ぎやすさ」です。

BIGO LIVEの報酬は、【ギフト還元率40%+時給(最低ランクでも時給1500円)】となっており、トップレベルの還元率を誇ります。配信頻度が高くなることで、自然と稼げます。「ライブ配信アプリで稼ぎたい」という人にとっては、BIGO LIVEは今すぐやるべきライブ配信なのは間違いありません!


・MixChannel(ミクチャ) 

累計ユーザー数1,000万人を突破する「ミクチャ」は、女子中高生など若者に支持を集めるアプリです。カップルや友達同士での配信も定番となっています。とにかく利用者が若くて、大学生や高校生の配信が圧倒的多数を占める他、中学生の配信者も見かける、配信者が若すぎるアプリです。特徴としては、活感ありすぎて友達と喋っているかのような感覚にさえなってくるほど、配信者とリスナーの距離が近いので、背伸びしていないLIVEが多いです。暇つぶしには、もってこいです。


・SHOWROOM(ショールーム) 

ユーザー数350万人・累計ダウンロード数470万を突破し、人気アイドルグループをはじめ数多くのアーティストが利用する知名度抜群のアプリです。ライバーはモデルや歌手の卵が多く、リスナーは30~40代の男性が占めています。SHOWROOMは、リスナーがライバーにプレゼントできる有料アイテムが充実しており、一番高価なギフトで1万円のものも。人気になれば月100万円は稼げるといわれています。

また、SHOWROOMは稼げるだけでなく、芸能界デビューのチャンスがある場所なので、「アイドルになりたい」「芸能界で活躍したい」といった夢を持つ人におすすめのアプリです。


・ツイキャス

ライブ配信アプリの先駆けとして、高校生や大学生の間で人気になった「ツイキャス」。ユーザーは3,000万人を突破し、ライバー・リスナーともに24歳以下の若い女性が中心です。報酬の仕組みは、2つあります。一つ目は、条件達成することで、Youtubeと同じように再生数を収益化する方法です。1回再生で約3円の収益があるとされています。Youtubeは一回再生で0.1円とも言われているので、ツイキャスの方が断然収益に繋がりやすいと言えます。

動画再生数を収益化するための条件
・直近3ヶ月の累計視聴者数が1000時間以上のユーザーであること
・18歳以上の個人、または法人であること

この2つをクリアして審査に通る必要があります。まずは1000時間を超えることが1つの壁と言えそうです。

2つ目が、こちらも条件がありますが、視聴者が配信者に対してアイテムをプレゼントする『投げ銭』と呼ばれるものです。数あるアイテムの中でも直接収益に繋がるのは『お茶』です。有料ポイントで購入したお茶のみが収益化されます。

お茶の種類には2種類あります。

・お茶爆50→視聴者は500円で購入可能。配信者には350円の収益。
・お茶爆100→視聴者は1000円で購入可能。配信者には700円の収益。

つまり、お茶爆の還元率は70%です。動画再生数の収益もそうですが、アイテムに関しても人気が出ると他の動画配信サービスよりも稼ぐことができそうなことがわかります。

アイテム収益化の条件
・直近3ヶ月の累計視聴者数が100時間以上のユーザーであること
・18歳以上の個人、または法人であること

動画再生数に比べると条件が少し優しくなりましたので、初心者にはアイテムの収益化の方が難易度が低いと言えます。ツイキャスはYoutubeと連携することもできるので、ライブ配信を録画として公開することが可能ですので、ツイキャスと同時にYoutubeでの人気アップに繋げることもできます。

③徹底比較


各アプリを表に一覧でまとめました。

ユーザー数リスナー特徴日本人稼ぎ
Pococha約50万人年齢層は幅広い、
30代以上も多く利用
・顔出し配信がメイン
・有名人の配信は少なめ
・視聴者数は少なめ
多い
17LIVE約5000万人10~60代と年齢層が幅広い
日本人だけではなく海外ユーザーも多い
・顔出し配信がメイン
・有名人の配信は少なめ
・視聴者数は少なめ
多い
LINE LIVE約2000万人10~20代の女性が中心顔出し雑談配信がメイン多い
BIGO LIVE2億人10代~20代が多め・顔出し配信がメイン
・雑談多め
・海外ユーザーも多い
少ない
MixChannel約1300万人10代女子が多い・配信と動画投稿機能の両方を備えるアプリ
・10代女子が多い
・有名人の配信はほとんどない
普通
SHOWROOM350万人20代・40代の男性・顔出し雑談配信がほとんど
・アイドルや芸能人、有名人の配信も多い
ほぼ日本人
ツイキャス約3000万人20〜40代・顔出し雑談配信がメイン
・ゲーム配信も有り
半々

④どの配信アプリがオススメ?

自分の今の活動やスタンスに合わせて、どの配信アプリで配信するかを考えるのがとても重要です。その中でも特に稼ぐ場合にやるのなら、Pocochaまたは、BIGO LIVEがオススメです。Pocochaでは、月に5~10万稼ぐライバーも珍しくなく、トップライバーになると月収は数十万から200万になる方もいます。

もし、本気でライバーを本業にする勢いで頑張りたい!という方は、事務所に入り活動するのもオススメです。事務所に所属することで、マネージメントをしてくれたり、また事務所の条件によってはボーナスが付与されることがあります。なので、本気で配信を頑張りたい方は、事務所所属も考えてみるのも一つの手ですね。

⑤実際にライブ配信している人の声

最後に実際にライブ配信を行なっている人にインタビューしたのでそちらを掲載します。と、言いたいところですが、絶賛今インタビューしている段階ですので、少々お待ちください。随時更新していきます。

⑥まとめ

いかがだったでしょうか?ライブ配信がとても身近になった昨今、誰もが、配信者として、配信することとができます。自分の夢の実現のために、稼ぐ一つのツールとして是非、あなたも配信者デビューしてみませんか?

ライバーデビューをしたい!

ライブ配信は、事務所に所属しなくても今すぐに無料で自分で登録し、ライバーデビューをすることができます。

ただ、「ランクを上げていきたい!」「ライバーとして収入を作りたい!」と考えている場合は、ライバーとして活躍していく為のコツがありますので、ライバーとして飛躍したいと考えている人は、事務所所属もお勧めします!

株式会社HAPPINは、どんなライバー事務所なのかこちらのブログでまとめたのでお読みください!

HAPPINでは、配信アプリPocochaでライバーとして活動したい人のサポートをしています。配信に興味ある方は、こちらのブログよりご応募ください!