ライブ配信で年収800万プレイヤーを目指す!ライブ配信は、多くの人に支えられながら自己成長することができる環境です。自分の目標実現に向けて頑張りながら、配信に取り組んだ時間・応援された投げ銭が貴方の収入としても反映されます。Happinで活躍するライバーも初月より10万円近くの収入を作っています。時給2000円以上作ることも可能です。トップライバーにもなると月300万円稼ぐ人もいる業界です。

ライブ配信アプリには、様々な種類があります。各々の配信アプリの特徴を知ることで、自分の夢実現に直結していきますので、闇雲にどの配信アプリでもいいから配信してみたい!でなく、自分の目的に応じて配信アプリを選び、ライバーとして活動始めることがとても重要です。

HAPPINでは、現在「ポコチャ」「Uplive」の2社の配信アプリと提携してライバーマネージメントを行なっています。HAPPINで配信を行う場合は、この2つのアプリのどちらかを選んで頂き配信スタートとなります。

それでは、この2つの配信アプリの特徴について解説していきます。

そもそも配信って何?

ライブ配信とは、インターネット上でのリアルタイム動画配信サービスです。今では、ライバーという言葉ができるほどライブ配信で稼ぐ人も増えてきました。

私たちは、ライブ配信を通して自分の夢実現をしていきたい・お金を稼ぎたい・認知度を高めていきたいと考えている皆さんの配信提携のお手伝いを行っています。

ライバーは、いますぐ誰もがなることができます。ただ、ライブ配信でファンを増やすには、コツがあります。無闇に配信をすればファンがついて収入も稼げて有名になれる。そんな簡単な世界では、ありません。

ライブ配信をやるにあたっての知識を身につけ見に来てくれる視聴者さん(リスナーさん)のことを考え、自分の特技や性格を自分が理解し、配信を見に来てくれた方に「楽しい」・「癒される」・「元気になれる」など何かを感じてもらえる配信枠にすることがとても重要です。

HAPPINでは、ただ配信できたらいいでなくライバーとして成長していきライブ配信を通して自分のライフスタイルを豊かにしていきたいと考えている人のサポートを全面的に行なっていきます。

有名になれるチャンスも!?

ライブ配信を始めると様々なイベントに参加することもできます。イベントで入賞すると渋谷の街頭ビジョンに出演ができたり、有名YouTuberの動画に出演できる権利などもあったりします。その他にも様々なイベントがあるので、自分の活動実績を作ることができます。また、継続的に配信することで、熱狂的に応援してくれるファンもでき、自分の活動を心から応援してくれる仲間にも出会えるのが、魅力の一つです。配信は、お話するのが好きでファン作りをしたい人に向いています!

どれぐらい稼げるの?

トップライバーになると月収300万円の方もいます。

ライブ配信の収入の仕組みは、配信者(ライバー)が配信することで視聴者(リスナー)が投げ銭をしてくれることで、その投げ銭が収入になるのが一般的です。ただ事務所を通して配信をすることで、「投げ銭」だけでなく「時給」も発生できるようにできたりもします。配信時間を確保できリスナーに応援してもらえるライバーになることで、自分の収入は、上げることが可能です。

トップライバーの平均月収は、120万円にもなり年収1000万も狙える職業になっています。

弊社ライバーも月収10万円は、ライブ配信1ヶ月で達成しています!

誰もが簡単に始めることができるのがライブ配信。だけど、コツを知らないと続かないのがライブ配信です。

では、私たちが提携しているアプリの中でも特に力を入れている2つのアプリの特徴について話していきます!

ポコチャについて

・Pococha(ポコチャ)


ポコチャは、気軽さが売りになっていて、どこか素人感があふれる日常的な近さを感じるライブ配信アプリです。初心者でも始めやすいのが特徴です。

また、ポコチャは、DeNAが運営しているため日本人ユーザーが他配信アプリに比べて圧倒的に多いのも特徴です。その為、コメントも多くコミュニケーションが取りやすい配信アプリです。

ただ、ポコチャは、ランクに応じて時給がアップしていくシステムが採用されており、最初は、時給がとても低いです。なので、レベルアップしていきたい!やるからには、トップライバーになりたい!など自分の価値を高めていきたい気持ちを持っている人にポコチャは、とても向いていています。

ポコチャは比較的後発の生放送アプリ。まだまだ有名な配信者が少ないライブ配信環境なので、配信素人でも工夫次第で注目が高まりやすいです。頑張り次第では、月に5~10万稼ぐライバーも珍しくなく、トップライバーになると月収は数十万から200万になることもあります。

HAPPINでは、さらにランクに応じて事務所ボーナスも還元しているので、フリーでポコチャを始めるのは、お得です。

ポコチャの配信に向いている人

【顔出し必須・月30時間以上配信できる18才以上の男女なら誰でもエントリー可能】

・バイトと同じくらいの時間でバイト以上の収入を得たいと考えている大学生・フリーター
・将来有名人になりたいと考えているアイドル・モデル・シンガー・お笑い芸人・YouTuberなどの芸能系
・在宅で仕事をしたい・自分の夢に挑戦したいと考えているママさん・フリーランス
→人と話すのが好きで、コミュニケーションが得意な人に向いています。

🔰初心者でも自己ブランディングとやる気次第で高収入を築くことができます。

ポコチャに挑戦してみたいという方は、こちらの応募フォームよりご連絡ください!どんな些細なことでも質問などありましたら質問してくださいね。

ポコチャライバーエントリーする

ポコチャについてのノウハウなどについては、こちらの記事でもまとめています。是非参考にしてみてください。

Upliveについて

・Uplive (アップライブ)

Upliveは、日本だけでなく、アジア圏内で盛り上がっているグローバルなライブ配信アプリになります。特に中国や台湾、ベトナムなどの利用者が多いのが特徴です。そのため、海外のライバーや海外の視聴者に興味のあるユーザーに向いています

え、日本語しかしゃべれないんだけど….そう思った人もいると思いますが、Upliveは、翻訳機能が充実しており、ライブに入室した際に「文字・音声翻訳機能」を活用して、自国語に変えてリスナーさんとのコミュニケーションを楽しむことが可能です。

先ほどご紹介したポコチャが日本人のユーザーが多いのに対して、Upliveは、日本人以外のユーザーが多いのが特徴です。その為、ライブ配信を見に来る人数の母数も桁違いに違うので、多くの人に自分のことをアプローチすることができます。世界進出を考えている・世界中に友達を作りたい・語学の勉強をしたいという人には、かなり向いているでしょう。

さらに報酬の面では、HAPPINで配信すると時給も最初から最低保証時給をご用意していますので、収入に特化させて最初から始めたいとい方には、向いています。さらにレベルが上がっていくに連れて時給もアップしていきます。また、最高額のアイテムに88万円のものがあったりと規模感が大きいため、工夫し、自分のがんばり次第では、月収100万以上の大きい収入を作ることができます。

ただ、日本人のリスナーよりも海外のリスナーさんが多く一回の配信で100名以上見に来るので、リスナーさんとのコメントでのコミュニケーションは、ポコチャに比べると少ない印象です。

何か一芸を持っていたりすると配信が活性化し、海外の方もコメントしやすくなるでしょう。

Upliveの配信に向いている人

【顔出し必須・月30時間以上配信できる18才以上の男女なら誰でもエントリー可能】

・海外留学したい、海外のお友達を作りたいと考えている大学生・フリーター・社会人
・一芸を生かして海外でも人気を獲りたいと考えているアイドル・モデル・シンガー・お笑い芸人・YouTuberなどの芸能系
・話すのが好きで1人語りするのが苦にならないおしゃべりモンスター

🔰HAPPINで配信すると初心者でも今なら最低保証で時給が発生します。

日本だけでなく海外の人にも自分の認知を広げていきたいという人に向いています。

Upliveに挑戦してみたいという方は、こちらの応募フォームよりご連絡ください!どんな些細なことでも質問などありましたら質問してくださいね。

Upliveライバーエントリーする

まとめ

いかがだったでしょうか?

私たちは、「ポコチャ」と「Uplive」この2つをオススメ配信アプリとしてご案内しております。もし配信する際は、どのような環境が自分の夢実現に必要か、どのような環境で自分は配信したいかを吟味した上で是非始めてみてください。

今回の記事を読みライバーとしてデビューしてみたいと思った方は、こちらの「お申し込みの流れ」に沿ってエントリーしてみてください。